歯科で受けるインプラント治療で歯の健康を守る|歯根ケアし隊

歯科

歯を整える

歯医者

歯が抜けてしまったり、ガタガタの歯列になってしまったりということは誰にでもあるものです。それらを綺麗に整える為の施術や治療というものは高い人気を博し、多くの人が歯科を利用しているでしょう。

読んでみよう

治療の歴史

医療器具

現代の世の中は歯医者が当たり前のように利用されているものですが歯医者にも歴史があるのです。インプラントの治療は近年新しく出てきた最新の治療ですが、実はかなり古くからその起原があるのです。

読んでみよう

なくしてしまったら最後

歯磨き

歯が無いことによって人はかなり不便を感じるようになるでしょう。最近はインプラント治療によって歯を取り戻したといった人も多くなって来ているのです。インプラントの治療は当たり前のように行なわれています。

読んでみよう

インプラント治療とは

先生

歯科で受けることのできるインプラント治療とは具体的にどういったものなのかというと、簡単に言えば前のページで書いた通り、人工歯根を埋めてその上に歯を作る、というものですが、ここではもう少し詳しく説明していきます。
まず、インプラント治療には大きく分けて一回法と二回法があります。一回法は少し成功率が落ちるのですが、これは人工歯根となるフィクスチャーを埋める手術を一回で済まし、その先端を歯肉の表面にヒーリングアバットメントというものを被せて、定着するまで待つ方法です。安定しているのが確認できたら被せていたものを取るだけで新しく歯を乗せることができるようになりますから、手間がかからないのが魅力です。

一方二回法の方は、最初にフィクスチャーを埋める際、完全に歯茎の中に埋めてしまいます。そして歯肉を縫い、閉じて定着するのを待つことになります。安定してから歯を乗せるためには改めて歯肉を切り開き、そこにまたアバットメントを付けて患部周りが落ち着くのを待たなくてはいけないので、時間がかかります。ただその分定着率は良いので、一般的にはこちらが選ばれています。
予算やどういった治療を求めているかで選ぶべき方法は変わってきますから、しっかりと歯科で相談してから決めることが大切になります。

インプラントが二通り種類があったのに対し、インビザラインは一つで、まずは矯正がそもそも可能かどうかを検査し、先に虫歯治療が必要である場合などを除けばすぐに型取りを行うことができます。そして、取った型を3Dシミュレーションでチェックしながら、どういった形に矯正していくのか、しっかりと計画を立てていきます。360度、どんな方向からでも見ることが出来るので、明確に治療後の歯並びをイメージすることができるでしょう。